全国シンポジウム「日本の国情・2次医療圏の実情を熟慮して、理想的医師・医療者育成教育の展開を考える2012」開催のお知らせ

全国シンポジウム
「日本の国情・2次医療圏の実情を熟慮して、
                                           理想的医師・医療者育成教育の展開を考える2012」


このたび上記のテーマで全国シンポジウムを開催することになりました。
本シンポジウムでは、様々な2次医療圏の実情にある全国の医師、看護師、薬剤師、医療従事者、医療行政関係者の皆様に集まっていただき、「日本医療再生のために必要な、大学と各医療機関におけるシームレスなこれからの教育展開」について、
1)これまでの独特の医療制度の国情・2次医療圏地域医療の実情を活かしつつ、これからも世界トップの医療・アクセスを提供するために医療界はどうすべきか。
2)65歳以上(高齢者)人口7.1%(1970年)から40%(2060年)へ向かうこれからの日本の医学教育・医療者育成教育体制はどうあるべきか。
の観点からご発表いただき、今後の各地区の在り方について熟考するきっかけとなるような議論を進めてまいりたいと考えております。つきましては皆様にはご多用のところ誠に恐縮ですが多数お誘いあわせの上、是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

 


【シンポジウム概要】


1.開催日時 平成24年11月17日(土曜日) 10時~17時30分(9時30分受付開始)

2.開催会場:秋田大学医学部附属病院 第二病棟 多目的室

           (10時~17時30分 シンポジウム)
           (秋田キャッスルホテル 18時30分~情報交換会)
3.参加者200名(見込み)医師、看護師、薬剤師、医療従事者、医療行政関係者、学生

4.参加費  無料   (18時30分~情報交換会は、5000円)

5.その他1)参加希望の方は、添付の申し込み用紙等にて申し込みください。
     2)当日は、託児所(無料:10時~17時30分)をご用意いたします。
     3)また、シンポジウム会場(大学病院)から、情報交換会会場(秋田キャッスルホテル) までの移動用バスを準備いたします。


※プログラムの詳細は添付のご案内をご覧下さい。

【お申込み・問い合わせ先】秋田大学医学部総合地域医療推進学講座 担当 大貫
  TEL・FAX: 018-884-6226
  E-mail: commed@med.akita-u.ac.jp 

全国シンポポスター.pdf

全国シンポパンフ.pdf

2012-09-11 15:54  カテゴリー: